e
7月11日より旧・5173Fに2両挿入し10両編成化・改番した4111Fが田園都市線で試運転を行っています。

週末の試運転となり絶好の機会だったので1往復だけ撮影してきました。
e
新造した2両(4611/M0・4711/T)は腰板の赤帯が従来車に比べて細くなっており、上の写真でもはっきりと確認できます。
撮影時は失念していましたがコーポレートマークのステッカーも分社化後のTOKYU RAILWAYSに変更されました。

車内はハイバッグ仕様・緑色の座席が確認でき2017年度以降の増備車に準じた内装となっている模様です。


e
写真では拡大しないとわかりにくいですがわずかに旧車番の跡が残っていました。


e
4711にはコンプレッサーを搭載


e
4611には1C4Mタイプの制御器を搭載


e
追い抜いたのは6020系


e
返しは青葉台で撮影
5000系と5050系の並び(?)



起動時のモーター音が従来のものから変化しており先日長検に来区した5175FとVVVFの部品を交換したなんて噂があります。

8両編成を1本10両編成に変更した形になりましたが10両編成の予備を捻出したことでこちらに何らかの改造工事が予定されている可能性があります。2022年度に予定されている新横浜線開業・相鉄直通に絡んだ改造が行われるのかが気になるところです。